1. ホーム
  2. ダブル洗顔を辞めた体験談
  3. ≫45歳 洗顔のしすぎは、ほうれい線が濃い人が多いとTVで見て辞めました

45歳 洗顔のしすぎは、ほうれい線が濃い人が多いとTVで見て辞めました


1.あなたは今、何歳ですか?

45歳

2.ダブル洗顔をしなくなったのはいつからですか?

2010年4月

3.今使っている洗顔、またはクレンジングは何ですか?

牛乳石鹸

私がダブル洗顔を辞めた理由

最初は、朝晩しっかりダブル洗顔していたのですが、洗顔をしっかりするためによくこすっていると、それが原因で肝斑が出来やすいことがあると聞きました。

それまでは、汚れやメイク、皮脂をしっかり落とすことがお肌に良い、美容にも良いと思っていたので目からうろこでした。

また、洗顔のし過ぎが原因でしわやたるみの原因になるということ、洗顔の時よく水ですすぐ癖がある人は乾燥肌で、しわも多くほうれい線が濃い人が多いとテレビで何度も言われていました。

それで、ダブル洗顔をやめました。

私がダブル洗顔を辞めた体験談

皮脂や汚れはもちろん、メイクがお肌に残っていては絶対にいけない!と思っていたので、ダブル洗顔していました。

ダブル洗顔していてもまだメイクが残っているような気がしていたくらいです。

なので、ついついしっかりごしごし洗ったり、クレンジング剤や洗顔料の成分がお肌に残らないように何度も何度もすすいでいました。

しかし、ある日テレビで、ごしごし顔を洗うその摩擦で両方の頬に肝斑が出来るということを知りました。

その頃、頬のシミが出来始めていた私は洗顔に力を入れるのをやめるようにしました。

洗った後は、洗顔料の成分がお肌に残ってはいけない!と思っていたので何度も何度も、お肌がきしきしするまで水ですすいでいました。

これもテレビで、「洗顔後水ですすぎすぎる人は、お肌が乾燥していて、しわが多く、ほうれい線がとても濃い人が多い』と言っているのを見ました。

そのうえ、ある女優さんが、一切洗顔をしないとおっしゃっていました。メイクをふき取るだけで、朝も夜も顔を洗わないそうです。

その方は、当時小学生のお子さんにも顔を洗わせていないとおっしゃっていました。

「顔って洗わなくてもいいんだ~」と驚くとともに、美容的には逆に顔を洗うのはよくないことなのかも、と思うようになり、顔を洗うことへの執着みたいなものがなくなっていきました。

それまでは神経質なほどにしっかり洗ってしっかりすすいでいたのですが、そこまでしなくてもいいんだ、とわかり、とりあえず、もう面倒臭いダブル洗顔はやめました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。