1. ホーム
  2. ダブル洗顔を辞めた体験談
  3. ≫39歳 ダブル洗顔を辞めたらニキビ・肌荒れがなくなった

39歳 ダブル洗顔を辞めたらニキビ・肌荒れがなくなった


1.あなたは今、何歳ですか?

39歳

2.ダブル洗顔をしなくなったのはいつからですか?

2010年ごろからやめました。

3.今使っている洗顔、またはクレンジングは何ですか?

ビオデルマのウォータークレンジング

私がダブル洗顔を辞めた理由

肌荒れ、ニキビが気になるので、毛穴の汚れをしっかり落とそうと思い、オイルクレンジングと泡での洗浄を併用していました。

しかし、どれだけいいというコスメを使ってもなかなか良くならなくて困っていました。

そんな中、肌のきれいな人がすごくシンプルなスキンケアをしていたので、実践してみようと思い、ダブル洗顔をやめました。

私がダブル洗顔を辞めた体験談

はじめはこれで汚れが落ちているのか物足りない感じがしました。

しかし、その後の肌のツッパリ感や乾燥が少ないので、保湿する化粧品も少なくて済むようになりました。

初めに効果があったのは肌の赤みがひいたことです。

ずっと敏感肌だと思っていましたが、ダブル洗顔で肌をこすることで角質が薄くなってしまっていたようです。

ダブル洗顔しているとどうしても肌への摩擦が大きくなりがちです。

ニキビや毛穴の黒ずみが気になるときは特に、くるくるすればするほど汚れが落ちる気がしてしまうのです。

でも実際は強い洗浄力のあるものを使えば使うほど、肌はそれを補おうとして余計な油分を出してしまいます。

私もカサつくのにオイリーでニキビができる肌に悩んでいました。

こういう肌質なんだと半ばあきらめてもいました。

ダブル洗顔をやめてみたら、徐々にキメも整い、よほど疲れたとき以外は肌荒れ・ニキビのできない丈夫な肌になりました。

お金も時間もかからず美肌になれる方法がこんなに身近にあったとは、驚きでした。

一生懸命スキンケアしても、なぜだか不安定な肌に悩む方にダブル洗顔をやめてみることをおすすめしたいです。

使うコスメもシンプルで美肌が保てるようになります。肌が強くなって健康になると、気持ちも明るくなるので本当に良かったです。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。